離乳食のポイント(5ヶ月頃~)

2020年4月19日
その1 離乳食を始める際のポイント
離乳食のポイント(5ヶ月頃~)

みなさん お元気ですか?

だんだん暖かくなってきましたね。

「そろそろ離乳食をはじめようかな~」

「なかなか食べてくれないな~」

逆に「いっぱい食べすぎて心配」などと思っている方もいるかもしれません。

子育てサロンでも離乳食に関する相談が多いので、何回かに分けて離乳食を進めるポイントなどを紹介していきたいと思います。

離乳食のポイント(5ヶ月頃~)

今回は・・・

離乳食の開始時期のサインから‼

あかちゃんの授乳のリズムはしっかりしていますか?

指やおもちゃをなめたりしますか?

首はしっかりすわっていますか?

おうちの人の食事をじっとみていますか?

よだれの量が以前より増えてきていますか?

等の様子が出始める月齢が5~6か月頃です。

スタートのタイミングは気負わずゆっくり、あかちゃんが元気で機嫌のいい時にスタートしましょう。個人差があるのでくれぐれも焦らずに‼

離乳食のポイント(5ヶ月頃~)

まずはお米のおかゆ。1日1回スプーン1さじから。

(目安としてスタートから1週間くらいまでで3さじくらいに増やす)

今までは母乳、ミルクが中心。おかゆという固形物がお口の中に初めて入るのです。

びっくりして出してしまうかもしれません。

まずはスプーンになれること。母乳やミルク以外のものになれることからです。

離乳食をあげた後は好きなだけ母乳やミルクをあげてくださいね。

この時期はまだまだ母乳やミルクが中心の生活です。離乳食を食べられるようになることはもちろんですが、おうちの人と食べることは「楽しいな!」「おいしいな!」と感じることが大切です。家族が食べるところも積極的に見せてあげましょう。

離乳食のポイント(5ヶ月頃~)

おもちゃをなめたりかじったりしてあそぶことは「食べる」「かむ」につながります。

おもちゃや指を「なめてばかり・・」と思わず、あかちゃんの食べるステップにつながることと思って見守ってくださいね。

離乳食のポイントはまだまだ続きますよ~

ゆみ♪