災害対策どうしてる?

2020年7月13日
災害対策について
最近、急に大雨が降ったり…地震があったり。
全国的にも以前よりも自然災害が多くなっているように感じます。
今まで起きなかったから大丈夫というわけではありません。
東根市でも大雨が降れば河川が氾濫し、浸水してしまう可能性がある地域もあります。

災害対策どうしてる?
万が一、子どもと一緒に災害にあってしまったら…自分はもちろんお子さんの命も守らなければならず、子育て中の皆さんはいつも以上に焦ってしまうと思います。
そんな時、少しでも落ち着いて避難できるよう、まずは事前にご自分が住んでいる地区の
ハザードマップを見てみましょう!「東根市 ハザードマップ」で検索すると東根市のHPで確認できます。

災害時に避難する指定避難所は各地区によって決まっていて、ハザードマップには指定避難所も掲載されています。
以前子育て支援センター子育てサロンの中で「災害対策どうしてる?」という内容でテーマトークを
行いました。
災害の際、準備している物、必要だと思うものを皆さんからリストアップしてもらいました。

<準備している物や気を付けていること>          

・缶詰

・懐中電灯・・・電池が無いと困る

・モバイルバッテリーを充電している

・水を買い置きしている

・ろうそくを誰でもわかる場所に置いている

・寝ているところになにも置かない

・水、おむつ、ミルク

・どこに避難するかマップを見る

・お泊りセット(着替え等)を準備する

皆さん各家庭で色々な物を準備していました(^^)/

他にも、とても大切なものがあります。
・母子手帳と保険証 です。この2つを置く場所は家族みんなが把握しているといいですね。


ご家族と災害について話をしてみること。ハザードマップを確認すること。
これが1番最初にできる災害対策です。
このブログを見た方は、これをきっかけに是非話をしてほしいと思っています。

ともみ♪
閲覧回数141回